日本光線療法協会 トップページ太陽光線と作用光線療法について全国の取扱店お客様の声光の医学について日本光線療法協会 お問い合せ

■光線が体内時計の同調因子 体内時計が刻む日内リズム

地球の自然環境に適応したヒトを含むあらゆる生物は、昼夜の睡眠と覚醒のリズムや体内の複雑な活動のリズムを1日24時間にきちんと同調させる体内時計を持っています。この生理的リズムは時計遺伝子の支配を受けていますが、実は24時間よりわずかですが長い固有のリズムなのです。そのため体内時計を外部環境に合わせて同調させる必要があります。その役割をになっているのは、すべての生命を生んだ太陽光線です。このようにしてつくられる1日のリズムを日内リズムと呼びます。日内リズムは単細胞生物から哺乳動物に至るまで、あらゆる生物にあります。ヒトの場合、朝、陽光が目から入ると網膜を通って視神経につたえられますが、その一部は体内時計の中枢と考えられている視床下部の視交叉上核を経て脊髄に達し、更に上頸部神経節に行き、そこから松果体に伝達されて松果体ホルモンのメラトニンの分泌が減少します。これらの情報はヒトのあらゆる機能を目覚めさせ、活動に適したリズムを始動させます。一方、陽が落ちて暗くなるとメラトニンの分泌が増し、睡眠や休息に適したリズムになります。ヒトはこのようにして日内リズムを調節すると考えられています。

■健康で長生きのリズム

健康で長生きのカギは、日内リズムを太陽エネルギーの光線に同調させることが握っています。この日内リズムが崩れると、睡眠、体温、血圧、心拍、尿量、ホルモンや酵素の分泌、食欲、自律神経機能、精神状態など生体恒常性(ホメオスターシィス)を保つ生命現象もリズムを失いますので、身体は変調を来たし健康を失うことになります。しかし一方で、長生きをすると加齢に伴なって体内時計が故障し、日内リズムが崩れやすいことも知られています。加齢に伴なって体内時計の日内リズムが崩れるのは、体内時計の中枢とされる視交叉上核の機能低下によると考えられています。すなわち、日内リズムの調節が利かなくなり、これが高齢者で見られる早朝覚醒や夜間睡眠障害を起こすとされています。また、アルツハイマー型痴呆でも日内リズムは失われますが、その原因として視交叉上核の細胞の変性や減少が関わっていることが指摘されています。健康で長生きするには、体内時計の中枢の視交叉上核が年をとっても若々しい機能を保ち、正確な時を刻まなければなりません。それを助ける最善の手段は、日頃よく光線を浴びまめに身体を動かすことです。そうする事で視交叉上核の体内時計は活性化して日内リズムを取り戻し、健康で長生きにかなうリズムと同調するはずです。基本照射に併せて、顔に目は閉じて照射すれば、睡眠障害や痴呆を予防する効果があります。

■光受容体を介する作用

光受容体を介する光線の作用は視細胞を介して行われるが、その1部は体内時計の中枢の視床下部の視交叉上核を経て脊髄に達し、更に上頚部神経節に行き、そこから松果体に伝達され、松果体ホルモンのメラトニンの分泌を抑制する。この作用は皮膚を介しても行われる事が示唆されているが、光刺激によるメラトニンの日内リズム、すなわち昼間メラトニンの分泌が減少し、夜間上昇する周期的な変動が、内分泌機能を自律神経機能全般を調節し、ストレスに対する抵抗力を高め、生体リズム、すなわち体内時計を同調させる。
このリズムが崩れると、睡眠、体温、血圧、心拍、尿量、ホルモンや酵素の分泌、自律神経機能、精神状態など生命現象のリズムを失うため、身体は変調をきたし健康を失うことになる。またメラトニンの分泌の抑制がセロトニンを上昇させることから、うつ病の治療に有効な事が示唆される。


太陽光線と生命 光線療法について 全国の取扱店 お客様の声 光の医学について