日本光線療法協会 トップページ太陽光線と作用光線療法について全国の取扱店お客様の声光の医学について日本光線療法協会 お問い合せ

 

■白鳥 敬子(58歳)

私は平成9年6月、会社の健康診断で甲状腺腫瘍と診断され、外科の甲状腺科にかかりすぐにエコーの検査の予約がされました。
4日後にその検査という、6月最後の日曜日、アークメディカルの先生とめぐりあい説明を受け、早速治療を始めました。
そして、連続4日間続けた後に検査をした結果、良性のものと診断。
その後も一日おきに週3回治療を続け、2度目の検査では病院の先生が首をかしげる程良くなり『本当は手術をするはずだった』と先生から言われました。現在では全く異常がなく嬉しい限りです。
すべて光線療法のおかげです。また、アークメディカルの先生と出会わなかったら、病院で手術をしていたんだろうと思います。
今は高かった血圧も下がり、長年の便秘も解消され疲れにくくなり、食欲も出てきました。 現在では週に一回光線をかけてもらうのがとても楽しみです。これからも健康維持のためにずっと続けていくつもりです。
 
太陽光線と生命 光線療法について 全国の取扱店 お客様の声 光の医学について