日本光線療法協会 トップページ太陽光線と作用光線療法について全国の取扱店お客様の声光の医学について日本光線療法協会 お問い合せ

 

■効く薬はないと言われた神経痛!:渡部 実

私が光線治療を愛用し始めたのは二十年ほど前で、当時ひどい神経痛に悩まされており、薬は売り薬に至るまで色々と試してみましたが、医師に「あなたの神経痛に効く薬はない」とまで言われてしまいました。
そんな折、光線治療器の存在を知り光線で神経痛の痛みから開放されたのです。
それ以来、健康維持・皮膚炎の治療・胃腸の具合を整える等々、生活になくてはならない必需品となりました。
先日機械の調子が悪く、使用できずに困っておりましたが、部品のあるのを知り、カーボンと一緒に送って頂き、早速修理して、健康維持のPため使わせていただいております。
心から厚くお礼申し上げます。

■背骨の骨折からの回復に感謝!:野崎 盛重

妻が背骨の骨折(第三頚椎)で整形外科病院に三ヶ月余り入院加療したが退院後、歩行も出来ず神経痛で苦しんでいた。そんな折に堂園先生のお世話で光線器を購入し、加療約三ヶ月の現在、先ず悩んでいた痛みがうすらぎ、歩行にも杖を必要としないまでに回復し、毎日昼夜の二回の治療に喜んで専念しているところである。
サナモア光線療法の偉大な効果にびっくりし感謝している。

太陽光線と生命 光線療法について 全国の取扱店 お客様の声 光の医学について