日本光線療法協会 トップページ太陽光線と作用光線療法について全国の取扱店お客様の声光の医学について日本光線療法協会 お問い合せ

 

■私は昨年の6月頃から、足がしびれる様になりました。 :大沢 一史(47歳)

症状が次第に悪化してきたので、病院に行きMRI検査をしてもらったところ、椎間板ヘルニアと診断されました。
12月頃まで病院でブロック注射をしてきましたが、一向に良くなりませんでした。特に寒い朝などは、腰に激痛が走り起き上がることも出来ないほどでした。
病院から手術を勧められていたのですが、手術の怖さと術後のリハビリ等を考えると、仕事や家族の事など簡単なことではなく困っていました。
そんな時、知人から光線療法のアークメディカルさんを紹介してもらいました。説明を聞いて半信半疑でしたが、「手術などしなくても治るなら」と思いさっそく治療をしてもらう事に決めました。
最初の数回はあまり効果を感じませんでしたが、続けて治療を重ねるうちに、次第に痛みとしびれがとれていくのがわかりました。
数十回行ううちに痛みをほとんど感じないところまで回復する事できました。
その後は、予防と再発のことを考え、又いつでも手軽に自宅でも光線療法ができるようにと家庭用光線器を購入しました。
今では私だけでなく妻や母の疲労回復まで、家族全員で幅広く活用しています。
激痛で起き上がれなかった状態から、まだ若干痛みがあるものの、仕事ができる体に回復できたのは光線療法のおかげと思い、これからも照射を続けて行こうと思います。

■はじめは半信半疑! :川崎市 宮治

椎間板ヘルニアと診断され、整形外科に通院しておりました。知人より光線療法がとてもよいとすすめられ、半信半疑で光線治療をはじめました。すると、約2週間で楽に朝、起床できるようになりました。就寝後、数回、トイレに起きていましたが、これがピタリと止まり、安眠できるよになりました。今では腰の方も楽です。これからも健康維持のために光線のお世話になりたいと思います。
太陽光線と生命 光線療法について 全国の取扱店 お客様の声 光の医学について