日本光線療法協会 トップページ太陽光線と作用光線療法について全国の取扱店お客様の声光の医学について日本光線療法協会 お問い合せ

 

■母の感謝の気持ちを伝えます。:米光 澄子

母は若い頃より病弱でした。しかし二十数年前に光線療法と出会い、現在72歳になりましたが、大変元気に一人暮らしをしています。
母は極端な冷え性で、暑くても汗をかかないし、夏でもセーターが必要なほどでした。
その上、慢性の膀胱炎を患っていましたが、光線を毎日朝夕、一時間かける事で健康を取り戻し、性格も明るくなりました。
母はいつも光線に感謝し「ありがたい、ありがたい」と言っています。
母は病院には年に一度検診に行くくらいですが、光線の上野先生には、電話でいつも相談にのってもらっています。
代筆ですが、上野先生へのお礼に合せて、母の心持ちを伝えたく筆をとりました。
本当に有難うございます。
ところで、先日は光線器の修理をありがとうございました。すっかり新品のようになってまた長い間愛用できます。
私の娘二人が、一人は潰瘍性大腸炎で、もう一人は無月経になって一年余り、光線と漢方薬で治療しております。
どちらもストレスが原因のようですが、祈る気持ちで愛用しています。
太陽光線と生命 光線療法について 全国の取扱店 お客様の声 光の医学について