日本光線療法協会 トップページ太陽光線と作用光線療法について全国の取扱店お客様の声光の医学について日本光線療法協会 お問い合せ

 

■光線で緑内障手術回避!

感謝!感謝!感謝!有難うございます!
お蔭様で『手術をしなくて良い!』と診断されました。本当に有難う。糖尿病から眼底出血となり、レーザー治療を行った後に、突然片目が見えにくくなり、医科大学病院にて 炎性緑内障 と診断され、「失明の危険が高いので、眼球をとっての手術となります」と手術を勧められたときは、一瞬目の前が真っ暗になり、気が動転し、とても言葉では言い表すことが出来ない状況でした。
以前からお世話になっていたプラチナハートさんが、アーク光線というすごい器械を導入していたのは知っていました。手術なんかもちろんしたくないので「もしかしたら....」とすがる思いで毎日通ったんです。光線を浴びていると身体はぽかぽかと気持ちがいいし、視力も回復してきたような感じはありました。30回程照射したころ、おそるおそるまた病院に検査に行きました。
病院の先生が不思議そうな顔をしていたので、「まさか!」と一瞬感じたときです。「何かやられました?」と先生が言い、「眼圧が下がり安定しているようなので、これなら手術はしなくて良いでしょう!」と言ったのです。この感激はどう表現して良いのかわかりません!もしも同じ病気で悩んでいる方いたら、まっさきにアーク光線をお勧めします。わたしは、これからも予防と健康管理の為にずっーとプラチナハートさんに通って、光線を浴びます。Tさん、Gさん 本当に有難う。
 
太陽光線と生命 光線療法について 全国の取扱店 お客様の声 光の医学について