日本光線療法協会 トップページ太陽光線と作用光線療法について全国の取扱店お客様の声光の医学について日本光線療法協会 お問い合せ

 

先天性股関節脱臼

■光線のおかげで手術をせずにすみました。 :兵庫県在住

 先天性股関節脱臼を患う八十六歳の私のことです。公的職業を定年で退職し、その後農作業をしている時に、腰を痛めてしまいました。大学病院では、今手術をすれば、九十までは大丈夫と言われたため、病室が空くのを自宅で待っていましたが、その間、光線を一生懸命にかけました。
その結果、病室が空いた頃には、すっかり痛みがなくなり、手術を受けるのをやめました。その後も今日に至るまで、ずっと光線を愛用し自宅での治療を続けてきましたが、結局、手術をせずに今日まで杖を使って歩くことができました。
日々、楽しい老人の生活を送らせて頂いており、心より感謝致しております。

太陽光線と生命 光線療法について 全国の取扱店 お客様の声 光の医学について